ARTIST / TAKASHI YATOUJI

ARTIST PROFILE

八頭司 昂

1990年愛知県生まれ。2015年佐賀大学大学院修了。受賞歴:第62回佐賀県美術展覧会 佐賀県知事賞。第22回英展~人物・風俗~ 大賞。2013年度三菱商事アート・ゲート・プログラム奨学生。近年の展示 : TAGSTÅ「Chromatic Drawing」、TanneL「Day to Day Drawings」など。現在、佐賀・福岡・東京を中心に絵を描いて活動中。

アトリエ訪問・作品紹介など

“身の回りのあらゆることに対して”なぜ”という気持ちがあります。それは制作時も同様で、靄がかかったような状況が続くのですが、描き続けているとその状況はどんどん変わります。苦しかったり幸せだったり様々なのですが、これが、今のところ世界と対峙し、自分を認識する方法だと思うので、やめられないとまらない、という感じです。もっといろんなものを見て、まだ見ぬ気持ちを楽しみにしています。”

 

複雑な心象風景を見るような八頭司昴さんの作品。人物、風景、植物、動物などが彼の脳の中で変換され、たくさんの面を持つ、交わった線になります。ペンのみで描いたドローイング作品はアパレル業界でも人気があり、一方で、色を多用した油絵作品では、20代中盤にして大きなタイトルをいくつも受賞しています。自宅からほど近い彼のアトリエは、明るい陽が入る小さなスペース。大作も増えつつあるのでまた一つ新しい場所が欲しいと言う。どんどんステップアップして新たな境地を見いだす、今一番勢いのあるアーティストです。

ART IN DAILY LIFE

©STOCKs